HOME>オススメ情報>バランスの良い献立を考えて調理しましょう

宅配食の利用も効果的です

食事

糖尿病の治療で大切なのが運動療法と薬物療法、そして食事療法の3つです。特に中心になるのが食事療法で、これがおろそかになるといくら楽物療法をしていても血糖値が安定しなくなってしまいます。薬の効き目を最大限にするためにも、糖尿病の食事の管理をしっかりと行うことが大切になります。糖尿病の食事療法で重要なのは全ての栄養素をバランス良く摂ることです。1日に必要な栄養素を偏らずに、しかも過不足なく取りいれることが基本になります。しかし、高齢者の一人暮らしなどでは、日々バランスの良い献立を考えて調理することも困難かもしれません。そんな場合には、糖尿病対応の宅配食を利用するのも効果的な手段だといえるでしょう。また、最近ではスーパーやコンビニなどでも手軽に糖尿病対応の食品を購入することもできます。時には積極的に日々の食事に取り入れて、献立に変化をつけるのも良いかもしれません。

一日三食バランスのよい食事を摂ろう

食事

糖尿病の食事は日々規則正しく食べることが大切になります。特に厳しい食事制限は必要ありませんが、毎食の総摂取エネルギーに注意し、まとめ食いを避けて1日三食をきちんと食べることを心掛けましょう。糖尿病食事療法のための食品交換表などを活用して、炭水化物とタンパク質、さらに脂質の三大栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。食物繊維の多い食品を積極的に摂り、味付けはなるべく薄味にすることも大切です。このような食事管理は糖尿病患者だけではなく一般の人の健康管理にも役立つものです。毎日の血糖値の管理とともに食事の記録もしておくと良いですね。加えて定期的な体重のチェックもしておきましょう。かかりつけ医のアドバイスを参考にしながら豊かな食事療法を継続していきましょう。

広告募集中